今何が問題なのか

インターネットや携帯電話のような個人用のコミュニケーションツールが広まって、出会いに関して大きな問題が出てきてしまっていることが多いです。昔は電話しかないので親は未成年者がどういう交友関係を持っているのか把握できました。ですが今は殆どわかりません。

 

インターネットは怖いという方がいますが、若年者の性的な悩みに回答していく大人もいます。親には言えないことも掲示板等では書くことができます。いくつか相談が的確にできる機関がありますので紹介していくということもできます。

 

今大きく問題となっていますのは、不特定多数との性行為によって、STD性感染症になってしまうことです。男女ともに罹患しますと性的能力の消失または痛みなどの重い症状が出てしまいます。

 

また、売買春のツールに出会い系サイトが使われてしまうことが多いです。現実に筆者もパソコンが普及しだしたころヴィトンやエルメスのバック買ってあげると言ったメッセージが来ました。援助交際というものです。無視が一番です。

 

ただ、今は家出した少年少女を泊める、少しのお小遣いを出すということで実質上売春させているケースも多いようです。もし、未成年だと理解して行為を行った場合、逮捕は免れません。ネットは記録が残ってしまうので。

 

こういった犯罪めいた出会いになってしまうか良き友、よい伴侶が生まれるかは皆様のネットの使い方にかかってきます。軽率な行動で相手や自分が傷つくことが無いようになさってください。