出会いの扉

よく出会いがない、自分は仕事が忙しいのでという方がいます。ですが、それは本当なのでしょうか。そもそも出会いとはなんだということも考えてみてください。今では男女の出会いが中心になっていますが、仕事が忙しい方は仕事や上司や同僚との出会いがあったはずです。その仕事を得た時の苦労も考えてみましょう。多分大学から新卒で就職した方は忙しかったでしょう。でも、こなせた。同じように仕事が忙しくとも、出会いは探せま...


出会いについての話題が増えた背景に生涯未婚率の高さが挙げられます。生涯未婚率というのは50歳で今までに結婚しなかった人の率です。男性は今ですと2割ほど、また女性は1割ほどです。また、結婚する年齢も上がってきています。でも、この数値は出会いがないということではないのです。経済的に結婚ができない方もいます。でも、恋人はいたりします。また戸籍上同性のパートナーがいて実質として結婚という方もいます。海外で...


昔の日本は今のように自由恋愛ではなく、親が決めた家と家同士の結びつきでした。たまに若年の未婚者がいますと近所の方や上司がお見合いをセッティングしていたのです。未だに残っていますが、セクハラに該当します。人間関係もこじれやすくなっていますので結婚相談所という専門の仕事が登場しました。結婚したい人だけが集まりますので確率は高い。ただ費用がすごくかかってしまいます。今はインターネットの出会いが増えていま...


草食系男子という言葉が、もうあたりまえのようになってきた時代です。恋愛に自分から動かない、あまり、興味がないという方は多いです。ですが、日本の家制度の問題でご長男は早く嫁にとお考えの親御様が多く、婚活をお母様がなさるということも多いです。でも、草食系男子と俗にいう方とお話してみますと、実にいい方が多いのです。穏やかで、なおかつ教養もある。身内に美男子の従兄がおり、当主として結婚して子をなすというよ...


出会いで注意したいのは相手の年齢です。通常婚活サイトや出会い系サイトの場合、18歳以下の登録は禁止です。ですが、身分証の提示がないサイトの場合、未成年が混じってしまいます。普通に会う分にはいいのですが、性行為もしくはそれを未成年にそそのかす行為が有った場合、自治体の淫行条例などに引っ掛かってしまいます。中にはそういった条例がない県もありますが社会的道義上は責めを受けます。インターネット上の情報を見...


女性の場合、女子力が高いと出会いがあると思ってしまいがちです。でも、女子力アピールは時に男子に引かれます。女性にもですよ。女性ばかりの空間ではある程度カリスマ性がある人はファンがつきます。宝塚の男役のようなポジションです。そういうひとはいつもお菓子や手紙をよく頂きます。慣れていますのでお受けして後でお礼に花などお贈りしておきます。ただ、残念ですが女子力アピールが強いかたは男性もまたファンがつくよう...